文教厚生委員会

今日の定例議会は各常任委員会が開催され、私は所属する文教厚生委員会に出席しました。委員会では今議会提出議案の委員会付託分の審議と、各部局からの報告についての質疑がありました。付託議案の補正予算案等はすべて可決・承認すべきと決しました。

 

報告の中で質疑が集中したのは、コロナウイルス感染症への対応について、学習の暮れについて多くの学校では現時点ですでに遅れを取り戻していますが、まだ回復中のところもありますが、いずれも今度中には回復するとのことでしたが、個別の対応についても質問される議員があり、個々に対応もされているとのことでした。

 

また、感染症に対応した学校運営ガイドラインの改訂があったことの説明がありましたが、私から、ガイドラインを配布するだけでなく、現場で実際に対応しての疑問などに丁寧に答える仕組みづくりを求めました。また、消毒の対応が報告されましたが、基本は子どもたちの衛生管理の徹底が大事で、配置されている支援員による手洗いの指導や、どういったことが感染予防になるのかを丁寧に子どもたちに伝えることを徹底してほしいと要望しました。

 

また、今年度策定される文化財保存活用大綱において、実際にここで計画をされたことを実施していくうえでは、調査研究に取り組む専門員の配置等体制づくりや、文化財についての周知等に当たる人材の確保などが必要であり、そのことも併せて検討されるよう要望しました。

 

再販防止推進計画の策定に今取り組まれていることが報告されました。出所経験のある人が相談相手となる相談の場づくりや、就労等へのきめ細かな相談・支援などを計画策定の中で議論してほしいと要望しました。出所者の自立支援に向けては、まだまだ市民の皆さんの理解が十分でないことや、当事者も相談相手がいなくて孤立することなどが再犯につながります。しっかりとした支援体制が作られていくことを望みます。

| 角ともこ | - | - | - |
コロナ禍の中での対応

本日、一問一答形式による質問を行いました。予告していました3項目について知事はじめ執行部に質問を行いました。

 

1.ICT活用教育については、昨年末政府から「ギガスクール構想」が出され、一人一台端末の整備が進められていますが、単に端末の整備に終わらず、ICTの活用によって、論理的思考力や多様性の理解力が育まれる教育になるよう、学校施設の整備、教員の皆さんの研修や、ICTを活用した指導案作成に向けての支援体制の構築など整えていくことを求めました。何よりも大事なことは、子どもたちがICTを使いこなすことよりも、子どもたち自身が自分のメディアリテラシー(メディアの伝える情報を理解する能力やメディアからの情報を見きわめる能力)を身につけられるよう指導することが大事です。そのためにも、教員の皆さんがICT活用教育ができる環境をしっかりと整備していくことが必要です。

 

2.コロナ禍のジェンダー格差については、コロナ禍の5〜6月に県立男女共同参画センターが実施した「新型コロナウイルスの女性への影響に関するアンケート調査」について質問しました。コロナ禍にあって、解雇されたり仕事が減ったりで収入が減ったことや、休業要請で自宅いる時間が多くなりそれに伴う支出が多くなったり、介護や保育が必要な家族のケアに追われたりと、女性への負担や不安が多くなってきている状況が明らかになり、就業への支援や相談窓口の設置が求められており、特にコロナの影響は男性よりも女性の方に多く負担がかかっています。こうした課題についての支援が必要です。

 

3.コロナ禍におけるNPO活動等への支援については、NPOや市民活動団体がコロナによる自粛で活動ができない状況にあり、予定されていた収入もなくなり活動維持が難しくなっているなどの影響が出ています。活動を維持していくための支援が求められており、助成金の創設などもされていますが、十分に周知されていない状況があります。NPO等の活動は地域にある様々な課題解決に向かって活動しているものが多く、活動が続けられるよう支援していくことが必要です。

 

これらの質問については、明日以降インターネットでも録画中継されますので、視聴ください。

 

 

| 角ともこ | - | - | - |
質問日程決まる

本日、一問一答形式での質問日程が決まりましたので、お知らせします。

 

私の順番は、9月17日の二番目、午前10時40分頃からです。

 

私の質問は、

1.ICT活用教育について 

2.コロナ禍のジェンダー格差について

3.コロナ禍におけるNPO活動等への支援について

以上3項目です。

 

前回からケーブルテレビでの中継ができるようになりました。さらに、再放送の対応もなされるようですから、議場に来られなくても、これまでのインターネット中継に加え、テレビ中継で傍聴できますので、ぜひご覧になっていただき、ご意見をお寄せください。

 

| 角ともこ | - | - | - |
質問戦始まる

今日から質問戦が始まりました。恒例となっている質問初日の会派による朝街宣を行いましたが、今朝は、西部の議員には予定があり、東部松江選挙区の3人でそれぞれの質問内容について語りました。

 

質問戦初日の今日は、各派代表質問です。民主県民クラブでは、岩田浩岳議員が登壇しました。安倍総理の辞意表明について、島根創生計画と市町村と一体感のある進め方について、移住定住、新型コロナ対策、教育、農業、防災の各分野の課題について質問されました。

 

特に、この中で、私も昨年9月の代表質問で質し検討が進められてきた種子条例について質問されましたが、今回、条例案が示され、いよいよ条例制定に近づいてきたことが報告されました。会派でも知事要望として挙げていたこの条例制定がやっと実現の運びとなりました。

 

 

 

| 角ともこ | - | - | - |
9月議会開会

今日から県議会9月定例会が始まりました。来月2日までの30日間の日程です。恒例の会派民主県民クラブ全員による県庁前での朝街宣で今回も定例議会に臨みました。今日は、台風の影響によるのか、朝から蒸し暑く、汗を流しながらの街宣となりました。

 

さて、本会議では、新型コロナウイルス感染症対策費10,833百万円、その他、災害復旧費などの公共事業費4,839百万円、県債の繰り上げ償還や基金積立6,161百万円など合計208億円の補正予算案や、新型コロナウイルス感染症により生じた事態に対処する教職員の特殊勤務手当に関する条例改正案等37件の議案が提案されました。

 

今回も会派全員質問に立つ予定で、代表質問に岩田議員、一般質問に白石議員、須山議員、同じく一般質問(一問一答)に平谷議員そして私という予定となっており、詳しい日程について今後発表されますが、代表質問は9月10日、一般質問は11日、14〜16日、一般質問(一問一答)は17,18日の予定です。

 

また、決算特別委員会が設置され、令和元年度の決算審査が今定例会から始まります。決算審査は今後の予算に関わってきますので、しっかりと成果等見ていかなければなりません。暑さに負けず体調を整えて頑張ります。

| 角ともこ | - | - | - |
県議会全員協議会

県議会全員協議会が開かれ、令和元年度普通会計決算の概要、新型コロナウイルス感染症への対応、専決予算についての報告がありました。その後、昼食休憩をはさんで常任委員会が開かれました。

 

コロナ禍にあって、県立中央病院では、コロナ患者受け入れのための病床確保による入院患者の減少や外来患者の受診控えにより、4〜7月の事業収入が昨年同期より2億円余り(8%)減少し、国からは6,800万円の補填があったものの厳しい経営になっているとの報告がありました。以前も松江生協病院での調査を報告した通りで他の病院等も厳しい経営状況にあり、国のさらなる支援が必要です。

 

また、9月議会に提案予定の保育所・放課後児童クラブ等従事者応援協力金支給事業の説明があり、緊急事態宣言中に5日以上勤務した職員に対して、一人当たり5万円支給するということです。職員はパートから正規職員まで雇用形態が様々ですが、どういった形で支給されるのか質問したところ、雇用形態に関わらず一人当たり均等に5万円支給ということでした。これから事業決定がなされますが、少しでも職員の慰労の糧になればよいことだと思います。ただ、それとは別に職員の皆さんの処遇改善は必要で、そのことについてはこれからも取り組まなければならない課題です。

 

コロナ感染症は終息を見ない状況の中、解決しなけれなならない課題は山積しています。来月3日から定例議会が開催されますが、その中で議論していきたいと思います。

 

 

| 角ともこ | - | - | - |
熱きリーダー

昨日に続き、今日もオンラインによるセミナー。議員になって以来、毎月1回の割合で開催されている女性のための政治スクールは、これまで上京して参加していましたが、このコロナ禍、参加型のスクールではありますが、オンラインも可能な形にして開催されました。

 

今回の講師は、明石市長の泉房穂さん。暴言で市長を辞職されましたが、市民の声に押され再び市長に再選され、子どものため、弱い立場の人のためにリーダーシップを発揮しておられます。初めて、お話を聞く機会を得ましたが、引きも切らず話される姿にその熱き思いをいかんなく市長として発揮しておられる情熱厚い人とという印象を受けました。

 

市長職にあって4期の間に、子ども支援を中心に高齢者や障がい者、女性など弱い立場にある人たちへの支援策を充実させてきたこと、そしてこのコロナ禍、素早い対応で国に先んじて支援策を講じてこられたことに感心するとともに、そのことができる人材採用、配置がその政策の推進に大きく影響しているということがわかりました。児童相談所の人員を国基準の倍配置するなど、適材適所をいかんなく発揮することが打ち出した政策実行につながっています。

 

とてもいい講義を受ける機会を得たということにオンラインの有効性を感じました。

| 角ともこ | - | - | - |
オンラインセミナー

コロナウィルスの感染が拡大し、感染予防として三密を避けるために様々な集会や会議がなくなり、必要な会議はオンラインで開催ということが多くなってきました。今日も、オンラインでのセミナーが一日あり、事務所でパソコン前に陣取り、4コマの講義を昼食休憩をはさんで10時から18時までありました。

 

今日は社会保障セミナーで、昨年は全国から集まった自治体議員など100名以上はいたと思いますが、大きな会場ぎっしりに受講者が集まってのセミナーでしたが、今年は数十名に限定しての開催で、それ以外はオンラインでの参加という形で開かれました。地元でセミナーに参加できるというのもいいのですが、受講中に来客があり一時パソコンを離れて来客に対応ということで、どこかに籠らない限りオンラインセミナーに集中することはむつかしいです。

 

明日も毎月通っていた政治スクールは、オンラインでの参加です。当初は、本日のセミナー参加と合わせて上京する予定でしたが、あまりにも東京で感染者多いので、万が一のことを考えてオンラインにしました。最近はほとんどの会議等がオンラインとなり、慣れては来ましたが、やはり会場の空気感とか、参加した者同士でのおしゃべりとかができないのは、物足りなさを感じます。

 

同じ場所で集まって言葉を交わすことができるようになるのはいつの日でしょう。

| 角ともこ | - | - | - |
島根の教育について知事と語る

例年の恒例となった教育四者と知事の教育懇談会が今年も開かれ、丸山知事と高教組など教職員団体、県議会議員で団体から出された課題について意見交換しました。

 

特別支援学級のサポートの拡充や、コロナウィルス感染症に対応した寄宿舎の運営、私学助成、学校給食費の公会計化について話し合いました。

 

特別支援の必要な児童生徒は年々増加しており、子どもたちの学習を充実していくうえでももっと様々な支援が必要と感じています。知事もその点は理解されており、サポーターの拡充に取り組まれていますが、現状ではまだまだ十分とは言えません。また、ICT活用教育が進められている中で、特別支援の必要な子どもたちには有効的活用になるよう取り組みを進めていってほしいものです。

 

また、教職員の働き方改革が叫ばれている中で、給食費の公会計化は、市町村教育委員会の管轄になりますが、ぜひ進むよう、先進自治体の取り組みなどの紹介やシステム構築にあたっての支援など県の支援を求めました。

 

少しでも子どもたちや教職員にとってより良い教育環境を構築していくことで、島根の子どもたちがすくすくと育っていってほしいと思います。

| 角ともこ | - | - | - |
支えあう社会づくりへ

昨日今日の2日間、立憲民主党自治体議員ネットワークでは、政策セミナーをオンラインで開催されました。自宅で一人で受講するより、県連でみんなで視聴したほうが、より受講に身が入るし、講義内容に関して互いの情報交換などもできるということで島根県連では、事務所で参加できる人たちが寄って受講しました。

 

ポストコロナに向けての政策について内容は盛りだくさんでしたが、とても勉強になることばかりでしたし、議案の追認機関にしない議会にしていくために、私たち議員がしっかりと住民の声を聴き、その声をもとに議論を深め、政策作りをしていかねばならないという思いを改めて強くしました。

 

 

| 角ともこ | - | - | - |