←prev entry Top next entry→
まちの活気を呼び戻す

調査二日目は、街の魅力化促進施設として建設されたパレットごうつで、活動するNPO法人てごねっと石見の取り組みについてお聞きしました。2011年に発足した法人は、ビジネスコンテストを開催し、受賞した江津で起業したい若者を支援しています。

 

このコンテストから起業した若者が江津で活躍しており、昨日訪問した「スキモノ」もここから生まれた会社です。支援を受けた若者が江津で起業し、さらに地域の若者を刺激し、江津駅前の空き店舗がリノベーションして新たな店や事業所として生まれ変わっています。

 

 

「てごねっと」では、コンテストによる人材発掘と、さらに起業し活躍できるよう支援し、人材を育てる活動をしています。その活動が成果を生み出し、今、江津の若者が元気です。

 

午後からは街並み保存に取り組む本町地区歴史的建造物を活かしたまちづくり推進協議会の黒川聡会長から、取り組みの説明を聞いたうえで、現地に向かい街を散策しました。かつて、天領の物流拠点の一つとして栄えましたが、町村合併により、まちの中心が江津駅付近に移り、活気を失いつつあった地域の歴史的建造物の保存活動をしながら、地域の活性化に取り組んでいます。

 

日本国中どこでも、町の中心がドーナツ化現象により、活気を失いつつありますが、今一度歴史を掘り起し、まちを見直せば、再生して住める古民家も多く、人を呼び寄せることができるのではないでしょうか。そうした取り組みを県内各地で取り組めば、また人を呼び戻すことができるのではないかと思いました。

 

| 角ともこ | - | - | - |