←prev entry Top next entry→
日本版DMOを核とした観光地づくり

議会政策研修会が開かれ、大正大学地域構想研究所の清水真一教授の講義がありました。日本版DMOとは観光による地域づくりと、これまでの観光協会など観光関係者だけではなく、商店街、農業者も一緒になっていなくては観光は成り立たないというお話でした。

 

今回、私もしまね田舎ツーリズムを取り上げ、田舎暮らし体験による観光客呼び込み、特に訪日外国人を呼び込むことについて質問したということもあり、関心のある講義でした。

 

私からも、田舎ツーリズムで受け入れ側の農家は外国人を呼び込むことにまだまだハードルが高いが、その支援としてどういったことが必要かとの質問に、伴走型のコーディネーターの必要性を話されました。

 

しっかりとした支援体制をつくり、農業者や商業者、地域の人たちと知恵を出し合い、力を合わせることで島根の観光による地域づくりの未来が開けると感じました。

| 角ともこ | - | - | - |