←prev entry Top next entry→
働きがいのある職場づくりをめざして

今年も春闘の時期となり、各労働組合では賃上げ交渉が進められています。連合島根では、少しでも労働条件の良い職場づくりにつながるよう、労働者が一致団結して取り組もうと、春闘総決起集会を県庁前広場で開かれました。

 

今、国会では働き方改革の論議がなされていますが、今の政権では使用者側の意向に沿っているため、とんでもない労働法制を押し付けようとしてます。長時間労働を促進するかのような裁量労働制の拡大を図り、資料のずさんさに取り下げれましたが、残業代ゼロ法案といわれる高度プロフェッショナル制度を導入しようとしています。

 

世界は時短に向かっているときに、日本はまだ長時間労働を進め、結局はそれが生産性を引き下げているということに気付かない政府によって、とんでもない国にされようとしています。

 

先日、伺った島根電工の社長のような考えを持った事業主を増やしていかなければ、労働者の体を壊すばかりでなく、家庭も家族も壊しかねません。そういった視点に事業主の皆さんが立つよう春闘で組合の皆さんには頑張ってほしいと思います。

 

寒さの厳しい中ではありましたが、たくさんの組合員が集まり労働制連合推薦議員も参加し、組合員の皆さんと一緒に春闘勝利に向けて団結しました。

| 角ともこ | - | - | - |