←prev entry Top next entry→
再生エネルギーへ

映画「日本と再生」の上映会と浜田真理子さんのミニライブコンサートが市民活動センターの交流ホールでありました。

 

映画は、世界のエネルギー事情を伝えるものでしたが、福島原発事故を受け、脱原発にシフトしたドイツはじめ世界各国は、風力や太陽光などの再生可能エネルギー利用に向かっていることを改めて実感しました。それに比べて、未だに原発をベースロード電源とする日本は、世界の潮流から完全に外れてしまっていることを示しています。

 

そして、それに気づいた人たちは、全国各地で太陽光発電や風力発電、小水力発電、地熱発電に取り組まれ、それによって、雇用が生まれ、地域の活気を生んでいます。

 

この映画を多くの人に見てもらいたいですし、脱原発、再生エネルギーへのシフトと省エネに向かっていく流れをつくっていくことの必要性をさらに感じました。

 

福島原発事故以来、脱原発の活動を「スクールMARIKO」という形で進めている浜田真理子さんは、今後もいろいろな人たちと一緒にこれからも活動を進めていくことをミニライブコンサートを通して宣言されました。再生エネルギーシフトに向けて、それぞれが思い思いの形で進めていくことで大きく広がっていくことを願っています。

| 角ともこ | - | - | - |