←prev entry Top next entry→
知事に要望書

民主県民クラブでは新年度予算編成向け、課題解決に向けた要望52項目をとりまとめ、要望書として知事に提出しました。

 

要望は、働き方改革に向けたAIを活用した業務新システムの構築や、三次医療を担う中央病院と二次医療圏の病院とのネットワーク強化による地域医療・介護体制の充実、小ロット出荷の流通コスト低減、労働環境の改善に向けた意識醸成、外国人の語学習得・就労支援などです。

 

今期限りで引退を表明された溝口知事は、知事就任と同時に当時危機的状況にあった島根県を立て直すため、「財政健全化基本方針」を策定しました。この12年間、財政健全化に取り組み、ほぼ計画通りに進捗し、単年度収支200億円台後半の赤字であったものをほぼ単年度収支均衡にし、一定程度の基金を保有するまでになりました。しかし、一方で人口減少対策としての総合戦略の効果を具体的な数値で示すには至っていません。

 

知事には、次につなぐ予算編成にしっかりと取り組んでほしい旨を要望しました。
 

| 角ともこ | - | - | - |