←prev entry Top next entry→
気象台で勉強会

県議会会派民主県民クラブの勉強会を松江地方気象台で行いました。異常気象が続く中、自然災害が気になるところです。気象台ではどのような業務をし、県、市町村とどう連携を取り防災に取り組んでいるのかを、気象台の見学も併せて講義を受けました。

 

気象庁では、予報・観測の技術力向上とデータの利活用促進を図り、防災力を上げることを目標に取り組まれています。市町村と顔の見える関係を作るため、県内3つの地域と県とに分けて担当チームを編成し、日ごろからの関係構築に取り組み「あなたの町の予報官」として地域防災力の向上に取り組んでおられます。

 

気象観測には多額の費用が掛かる中、より正確な気象データが求められる一方で、御多分に漏れず、予算と人員削減が求められ、気象台も苦労していらっしゃることもわかりました。

 

これから大雨などによる災害が気になりますが、身に迫る災害を確認できるサイトが作られています。気象庁のホームページ(www.jma.go.jp)で知ることができます。なお、スマホであればGPS機能を使って、自分のいる場所の周りの状況が分かるようになっています。参考にしてください。

 

| 角ともこ | - | - | - |