←prev entry Top next entry→
地域デビュー

二日目の文教厚生委員会の調査は、浜田市で行いました。

 

最初に三隅町の井野地区高齢者クラブの取り組みをお聞きしました。井野地区の野山嶽と呼ばれる地域は、かつて葉タバコの栽培が盛んでしたが、その後、栽培が縮小され耕作放棄されていた土地にそばを栽培し、そば打ちやそば粉の販売収入でグランドゴルフやカラオケ、料理教室などの活動を行ってきました。

 

平成28年度にそばの収穫後、ヒマワリを栽培し、夏の時期に多くの見学者でにぎわいを作り、見学に来た人たちとの交流などの活動を通じて、会員相互の団結力を高めています。

 

ただ、会員が高齢化していくとともに会員数も減ってきており、自治会活動として高齢者クラブの活動を位置付けている地域は活動が維持されており、地域のかかわりは必要だとも話しておられました。

 

次に、浜田市の取り組みをお聞きした後、石見公民館に行き、公民館活動を通しての健康づくりや生きがいづくりの取り組みについて調査しました。公民館では「健康でいきいきと暮らせるまち」を目指して公民館事業に取り組んでおられ、その中の事業として「地域デビュー応援講座」と「本を読んで元気になる講座」を紹介されました。

 

「地域デビュー応援講座」は、リタイアしたシニア世代の皆さんを対象に地域での様々な活動を紹介し、地域で活躍するために必要な心身の健康維持を目的に取り組んでいます。中央図書館やボランティア団体など地域の活動団体が講師となって講座が開かれ、そこからボランティア活動に参加される人たちが出てきました。また、「本を読んで元気になる講座」では、声に出して読んでみようと募集をして参加された人たちが講座終了後、読み聞かせ体験をするなど次の活動へと発展してきています。

 

こうした公民館活動を通して、地域活動に発展し、地域に貢献する人づくりになっている好例について聞かせてかせていただきました。

| 角ともこ | - | - | - |