←prev entry Top next entry→
多様な人材が活躍する社会に

国・地方連携会議ネットワークを活用した男女共同参画推進事業として、中国四国男女共同参画シンポジウム「島根発、多様な人材活躍に向けて〜大学、行政、企業の連携から探る」が島根大学松江キャンパス大学ホールで行われました。

 

残念ながら基調講演しか聞けませんでしたが、東京大学名誉教授の上野千鶴子さんによる「地域を支える女性の力の未来」は、上野さんらしく歯切れよく、歯に衣着せぬ発言に頷くことしきり、力を頂きました。

 

日本は今、人口減少社会、超高齢社会に突入している中、男性も弱者になる時代、弱者に優しい、誰もが支え合う社会にするためにも、女性に意思決定権をという上野さんの言葉をみんなが意識して取り組みを進めていくことが必要です。世界からも指摘される日本の女性の地位の低さを、本当に政府は、大企業の皆さんは、理解しているのでしょうか。経済発展をいうのであれば、政府は、まずは労働の質を上げること、真の同一労働同一賃金を進めるべきですし、真の男女平等を真剣に進めるべきです。

| 角ともこ | - | - | - |