←prev entry Top next entry→
障がい者支援

今日、明日の二日間、島根県議会民主県民クラブと鳥取県議会会派民主との共同研修会を鳥取市でおこないます。

 

初日の今日は、鳥取療育園、鳥取こども学園で、調査を行ったうえで、鳥取県議会に戻り、鳥取県福祉保健部から発達障がい児(者)支援について説明を受けました。

 

県立中央病院に隣接する鳥取県立療育園は病院と連携して障がいがある就学前児童のリハビリなどの療育や、保育園や幼稚園、検診などで発達障がいが疑われる子どもたちの療育に取り組んでいます。通園することができない子どもたちに対しては、訪問療育事業を行います。就学後の相談など、子どもたちだけでなく保護者への支援も行っています。また、地域の人たちも支援できる体制づくりに地域療育セミナーを行い、児童クラブの支援員の人たちの研修の場づくりもしています。

 

児童養護施設の鳥取こども園は、小学生から高校生までの子どもたちを6〜7人のグループに分け、それぞれ普通の家のような施設のホームで指導員の人たちとともに暮らしています。それぞれに個室があって、そこで寝起きし勉強します。食事はそれぞれのホームでみんな一緒にとります。施設も改修して心地良いアットホームな空間が作られています。

 

ここには体育館や園庭などを備えた養護施設のほか、乳児院、児童心理治療施設、保育所など子どもにかかわる様々な施設が一体となってあり、課題を抱える子どもや家族の支援を行っています。

 

鳥取県の発達障がい者の支援施策は、発達障がい者支援センターによって市町村や事業所等の後方支援を充実していることや、発達障碍者の家族の相談者となるペアレントメンターの活用、発達障がい者や家族への情報提供、県民への啓発などの情報発信の強化など、充実した取り組みをしています。

 

島根県も見習うべきものがありました。

 

 

 

| 角ともこ | - | - | - |