←prev entry Top next entry→
全国一斉休校?

昨日の安倍首相の小中高の全国一斉休校要請には正直驚きました。まだ島根県では感染者も出ていないし、中国5県でも感染者は出ていません。そんな中、感染予防に努めているところですが、それが一気に休校にまでなることに、それで本当にいいのか疑問に思いました。

 

休校にした場合、子どもたちは自宅待機になるのですが、果たして約1か月間、子どもたちだけで自宅内で過ごすことができるのでしょうか。親も巻き込めば、あれだけ1億総活躍と言って社会参加を促して、働く人が増えたと安倍首相は豪語していましたが、みんなが長期間仕事を休むことが可能な状況なのでしょうか。

 

大手企業はテレワークや有給休暇の制度が充実しているかもしれませんが、小規模企業では、多数の従業員が休まれれば仕事が回らなくなるところもあり、対応がむつかしいところもあるのではないでしょうか。さらに病院では、子どもを抱えて働く看護師など医療従事者も多く、病院の機能が低下しないとも限りません。

 

感染者が増えつつある地域では休校という対応もありますが、全国一斉という対応には疑問が生じます。

 

そんな中、先ほど、丸山知事は、県立学校に関しては、感染例が出た時点で速やかに休校に取り組む考えを示しました。賢明な判断だと思います。ただ、いつ感染者が出るとも限りませんので、予防の徹底、休校に向けた準備は進めなくてはいけません。そのことにも周知しながら取り組まれるものと思っています。予防対策の徹底で感染が広がらないことを祈っています。

| 角ともこ | - | - | - |