←prev entry Top next entry→
子どもが主役の学校づくり

本日一般質問に立ちました。先日予告していた項目について質問しました。

 

質問項目は、1.在宅医療の充実に向けて 2.介護をめぐるワークライフバランスの取り組みについて 3.学校保健医の確保について 4.学校給食の公会計化について 5.子どもが主役の学校づくりについてです。

 

医師の偏在、診療科の都市部への偏在が大きい島根県にあって、中山間地域に住む人たちが安心して暮らすには、医療や介護の充実と連携による地域包括ケアの体制を作っていかなければなりません。開業医の高齢化により、後継者がいず診療所が閉鎖される状況も出てきていて、地域のお医者さんがいなくなり、ちょっとした病気でも遠くの病院まで出かけなくてはいけないことになってきています。

 

そんな中、町の病院の医師が診療所に出張して中山間地域の医療を確保しているのが島根県の現状です。昨年、厚生労働省から各県の公的病院の名前が挙げられて再編統合を示唆されましたが、実際はこうした病院がなくなればさらに医療過疎を促進していくことになります。公的病院が地域の診療所維持に取り組んでいただいている現状があります。地域医療の確保に公的病院はじめ地域の病院が関わり努力されている現状を報告され、県では医師確保に努め、総合医の要請に取り組みと言い切医療の維持に取り組まれているとの答弁がありました。

 

また、少人数学級編成の見直しで、昨年から議論となっていた学校の在り方について、議会でも様々な意見が出されていますが、私もドキュメンタリー映画「みんなの学校」で取り上げられた大阪市立大空小学校の当時の校長、木村泰子さんの著書を参考に質問に取り上げました。木村泰子さんは「今の学校の先生が正解を持ちすぎていて、親も子もその先生の正解に合わせないといけないと思っている。人が生きていくうえでの正解はないのに、大人が示す正解に子どもたちは合わせようとする。正解通りうまくいかなくてもこれが正解と先生も親も子も頑張っている。失敗したら違う方法を考えるなど、変えることが必要だが、それができなくなっているのが今の学校だ」と述べられています。

 

学校の先生方と話していると、先生に降りかかっているたくさんの正解にとらわれ過ぎているのではないかと思うところがありました。多忙感解消のための学校事務の軽減はもちろん、ソーシャルワーカーやカウンセラーなどの専門家、地域の人たちや親が学校と協力し合って開かれた学校づくりをしていくことも大事なことだと思います。教育長からは魅力ある学校づくりの取り組みの中で開かれた学校づくりをしていくとの答弁がありました。少人数楽興の見直しの中で、クラス編成人数は変更されますが、新たに学校の課題にあった加配を進める中で、子どもたちが主役の学校づくりにつながることを願っています。

| 角ともこ | - | - | - |