医療現場の声を聴く

県議会超党派で、松江生協病院に伺い、今回の新型コロナウイルス感染症による対応、医療事業における影響など、高濱顕弘院長はじめ現場の皆さんからご意見を伺いました。

 

新型コロナの感染症拡大を受けて、医療現場では医療物資の不足は著しく、サージカルマスクさえ1週間に1枚の支給だったことは、他の医療機関の方からもお聞きしましたが、御多分に漏れず、生協病院でも同様の状況だったこと、そして今でも感染防護用のガウンの確保が難しく、お手製のもので間に合わせているということでした。

 

先日の議会で質問したところでは医療物資の確保はできているということでしたが、よく聞くと、在庫がなくならないと補充されないということで、現場の話を聞かないと実情はよくわからない、ということを実感しました。

 

また、感染が拡大するにつれ一般の患者の受診控えが多くなり、それによる収入減が大きく、生協病院グループでも4、5月で前年同期に比べ、事業収益が8,000万円の減収ということで、資金繰りも厳しい状況にあることを報告されました。この受診控えは、病院のみならず診療所でも起きており、医療機関全体で大きな課題となっています。

 

医療従事者に特別手当が支給されることになりましたが、病院の収益が減少すれば、今後、医療従事者の賃金が減らされる可能性もあり、何らかの減収補填の政策を打たなければ、医療体制の崩壊につながりかねない話です。このことは議会からも声を上げ、国へ要望していかなくてはいけないことです。

 

貴重な時間を割いて、現場の状況をいろいろと詳しく話をしてくださり、コロナ禍による医療機関の実情が見えてきました。議会もこの声を活かした政策づくりが必要です。

| 角ともこ | - | - | - |
中海の利活用

本日一般質問に、一問一答方式で立ちました。予告していた通り、1.新型コロナ感染症に対する医療体制の構築について 2.新型コロナ感染症による交通事業者への影響と対策について 3.中海のワイズユース(賢明な利活用)をめぐって の3項目について質問しました。

 

コロナ対策については、多くの議員から質問がありましたが、私は、今後の医療体制の構築に向け、現場での課題の抽出と検証により、次に備える体制づくりための取り組みについて質問したところです。これから、検証が始まりますが、早急に対応されることを願っています。また、聞くところによると、中央病院では、感染拡大に伴って医療スタッフの緊張が高まる中、医療管理者から職員向けての一斉メールが情報共有とともに励ましになったと聞いています。こうしたワンチームの取り組みが必要だと思います。

 

交通事業への影響と対策についてでは、移動自粛によって、交通機関の利用が激減し、交通事業者は大きな打撃を被っています。さらに、そこで働く運転手の皆さんもこの先に不安を抱えている中、事業の再興に向かっていく取り組みが政策として求められているところです。県は独自に、観光バスを利用して県内を周遊する県民利用に対しての補助や、県内旅行を企画する旅行業者を支援することで県内交通機関の利用、さらには観光関連事業への波及を目指しています。こうした事業によって、県内の事業者の仕事が再起してくことを願っています。

 

中海のワイズユース(賢明な利用)については、中海干拓と淡水化中止により、その後の中海の賢明な利用に向けて、中海会議が設置されていますが、県民にあまり知られていないことや、ここで議論されたことが、どう中海の賢明な利用につながっているのかが見えてきません。取り組みがどういう効果を発揮しているのか、また、中海で漁業をしている人たちからは漁獲の回復が求められていますが、それに向けた取り組みについて質しました。

 

質疑のやり取りについては、改めて議会だよりで報告します。また、明日から県議会のHPで録画中継が見られますので、ご覧ください。

 

| 角ともこ | - | - | - |
質問日程決まる

先日予告していましたように本日質問日程が決まりましたので、お知らせします。

 

今回は日程が短縮されているため、一問一答形式での質問は17日以降で、私の順番は、18日の一番目、午前10時からです。

 

私の質問は、

1.新型コロナ感染症に対する医療体制の構築について 

2.新型コロナ感染症による交通事業者への影響と対策

3.中海のワイズユース(賢明な利活用)をめぐって の3項目です。

 

前回からケーブルテレビでの中継ができるようになりました。さらに、再放送の対応もなされるようですから、議場に来られなくても、これまでのインターネット中継に加え、テレビ中継で傍聴できますので、ぜひご覧になっていただき、ご意見をお寄せください。

| 角ともこ | - | - | - |
今日から6月定例議会

今日から6月定例県議会が開催しました。今朝も恒例となっている会派での朝街宣を県庁前で行い、議会活動を介しました。ここのところ夏の暑さが続いていますが、今朝も朝日の強烈な日差しを浴びながら、今議会に向かう姿勢をそれぞれの議員があいさつに込めて、通行中の皆さんに訴えかけました。

 

今議会はコロナウイルス感染症による対応に執行部も大変な時期でもあることも考慮し、議員の質問への答弁書準備で多くの負担をかけさせてはいけないということで、質問時間を短縮し議会日程も圧縮し、いつもより10日間程度短縮した形での開催です。

 

これまで会派全員で質問に臨んでいましたが、質問時間が短くなったことにより、5人のうち3人に減らしての質問です。私は一問一答方式で17日以降で質問する予定です。15日からの一般質問には、会派から須山議員が15日午後1時から登壇の予定です。前回からケーブルテレビでの中継ができるようになりました。さらに、再放送の対応もなされるようですから、議場に来られなくてもこれまでと同様インターネット中継に加え、テレビ中継で傍聴できますので、ぜひご覧になっていただきたいと思います。

 

なお、私の質問順については12日金曜日に決まる予定ですので、決まり次第、皆さんにはお知らせいたします。

| 角ともこ | - | - | - |
みんなの力でコロナの封じ込め

松江市で発生したコロナウイルス感染症は感染者の拡大が続き、現在のところ県内で16人の感染が判明しているところです。毎週月曜日の朝、立憲民主党県連で街頭活動をしてきましたが、外出自粛が出されている今、道路上で密集とは言えませんが、とはいえ、皆さんとの接触は避けられないことから、来月6日まで、街頭活動を自粛することにしました。

 

さて、先週、県議会の全員協議会および文教厚生委員会が開かれ、現在の感染対策の状況や経済対策について、説明がありました。

 

この中で、私として要望したことは、とにかく情報を早く出してほしい、医療関係者、社会福祉施設では、マスクや消毒剤の確保がむつかしくなりつつあり、いつになったら供給が可能になるのかなど、また施設の消毒の仕方、今後一般医療機関でも、感染者の受け入れを進めるにあたって、院内感染を防ぐための取り組みなどについて丁寧な説明をして理解を求めてもらうことなどをお願いしました。

 

情報提供については早い情報提供に努めるとのことでした。各市町村が窓口になることから、自治体のHPなどに掲載されていますし、市役所に電話での問い合わせも可能ですが、ただ、今、相談窓口も混雑していることもあり、不要不急の事柄については控えましょう。

 

松江市役所の情報提供についてはまとめページ】新型コロナウイルス感染症についてとして松江市のホームページに掲載されていますし、さらに相談についてはその中の新型コロナウイルス感染症に関する各種相談窓口一にありますので、検索してください。

 

また、消毒については、消毒剤で、手が触れるところを拭く方法なども紹介されています。感染者の発生が疑われた場合でも、この方法で十分だそうで、テレビで映し出される防護服を着て噴霧器で消毒するなどの必要はないとのことです。付着した菌は最大3日間で消滅するそうですから、その間、室内のドアやテーブルなど、手が触れるところを消毒しましょう。

 

とにかく、自ら、マスク、手洗いで、自分も感染者かもしれないという気持ちでうつさない、そして、ウイルスを持ち込まないという思いをもって密接、密封、密集の三密を避けて行動しましょう。マスクは、くしゃみ、せきによる感染の広がりを防ぐとともに、いろいろなところを触った手で顔や口を触らないために感染予防に有効です。

 

そして、日夜奮闘している医療従事者、保健従事者の皆さん、営業自粛しているみなさんが疲弊し、破綻しないよう、国、県に支援を求めて、これまでも民主県民クラブとして提言などしてきましたが、私たちで何が協力できるのか考え、これからも必要な活動を進めていきます。みんなで力を合わせて感染予防に努めましょう。

 

| 角ともこ | - | - | - |
陸前高田市のその後

2日目の調査は、紫波町から陸前高田市へ移動して、復興事業が進む状況を調査しました。

 

震災が起きた9年前の4月に災害ボランティアで活動した陸前高田市、8年前にもその後の復興状況を調査に来たこともあり、今回、再び、会派で陸前高田市を訪問しました。被災した市役所はやはり以前と同じプレハブの応急庁舎です。ここで、市街地をかさ上げして新しい街をつくる復興事業について説明を受けました。

 

長い年月がかかりましたが、かさ上げ工事もほぼ終わり、お店や住宅が建ち始め少しづつ街が甦りつつあるところです。とはいえ、当初、元のところに帰るつもりだった住民の人たちも新たな土地に住宅を求めて再建したり、復興商店街で商売を展開しており、さらに元の場所に帰るには、新たな資金も必要となり躊躇する人もいます。したがって必ずしも、当初の通りに区画が埋まる状況にはなく、今は丁寧に住民の方々と将来についての相談を進めているというところです。

 

また、高台移転によって広がった緑地にはワタミ株式会社が農業テーマパーク「ワタミオーガニックランド」を建設することとなり、持続可能な循環型社会の構築を目指して、ワタミ独自の循環型6次産業モデルを具現化に取り組まれます。当初の計画にはなかった事業の参入によって雇用創出にもなり、新たな形の復興が進みつつります。

 

かさ上げ地区にも行き、中心部にある複合商業施設「アバッセ」も見学しました。こには図書館もあり、また、そばには子どもたちが遊べる遊具がそろった公園もあって市民が集う場となっています。

 

奇跡の一本松として被災地の象徴となった海岸部には、東日本大震災津波伝承館「いわてTUNAMIメモリアル」ができ、震災の津波の状況や教訓を学ぶ施設ができ、多くの人が訪れています。私たちも献花させていただきました。

 

かつてボランティア活動をした地域に行き、果樹園のがれき撤去のお手伝いをさせていただいたお宅を訪問しました。皆さんお元気で、当時の話に花が咲きました。周りには新たな家もたち少し変化をしているところもありましたが、当時の様子が蘇がえり、その時から比べれば、震災以前そのままではないけども日常が取り戻せている様子がうかがえました。

 

次に大船渡市へ移動し、防波堤の様子や当時の津波の様子がユーチューブにアップされている撮影場所に行き、当時の様子と今を比べてみました。たくさんの家屋が流された後には新たな家が再建もされていますが、空き地のままのところも多く、いまだ復興再建中という状況です。津波に線路が流された大船渡線は、今は軌道を外し、専用バスが走るBRT(バス・ラピッド・トランジット)として運行しています。

| 角ともこ | - | - | - |
駅前都市開発

今日から3日間、岩手県で会駅派の県外調査です。コロナウィルス感染症対策の影響で航空機の減便などの影響を受け、若干の行程の変更もありましたが、訪問先などは変更なくほぼ予定通りで実施です。

 

駅前再開発といえば、全国各地で取り組まれていますが、その後がどうなったのか、そうしたことについての検証も含めて、岩手県紫波町のオガールプロジェクトについて調査しました。人口約3万人、県庁所在地盛岡市まで電車20分のベッドタウンでもあり、昼間人口が県内最低という町でいかに働く場を確保することも含めての再開発です。

 

オガールとは、成長を意味する「おがる」と駅を意味するフランス語のガールを組み合わせた造語です。紫波江中央駅前都市整備事業(オガールプロジェクト)は、藤原前町長のリーダーシップのもと、公民連携によるまちづくりとしてスタートしました。ワークショップを通して町民との合意形成を図り、10.7任療效呂鬟┘螢△瓦箸棒鞍管理運営する組織を立ち上げ、入居率100%でスタートし、リスクの少ない安定した事業にして運営しています。

 

エリアの中には、役場庁舎、住宅分譲地「オガールタウン」、図書館や産直市場、レストランなどが入る官民複合施設「オガールプラザ」、ホテルや体育館などが入る民間複合施設「オガールベース」、子どもセンターや病院が入る「オガールセンター」、オガール保育園、岩手県フットボールセンター、地熱と木質によるエネルギーステーションなどが設置されています。

 

この事業によって、土地の利活用が進み、来訪者も年間120万人余り、エリア内の役場職員を除き257人の従業員が働き、雇用も生んでいます。私たちも視察後はこのエリア内のホテルに泊まり、このエリア内にあるレストランで夕食をとりました。

こに本文を記入してください。


 

| 角ともこ | - | - | - |
文教厚生委員会

きょう、明日は、常任委員会です。所属する文教厚生委員会では、新年度予算案を審議するうえで、次期島根県総合計画、地方創生総合戦略にあたる「島根創生計画」にかかわる子育て支援にかかわる事業(少人数学級編成の見直し、子ども医療費負担軽減、放課後児童クラブ拡充)について議論を整理する必要があり、最初に審議しました。

 

各委員会からはこの計画案に対しては了とする中で、様々な要望事項が出されたところです。私もこの件に関しては、「少人数学級編成見直しについて当初案から、各教育委員会自治体首長、県民の意見を聴き、一部は現状を維持する形に修正され、さらに加配を各学校の課題に合わせて教員加配をするということで対応されたことに関しては、評価するうえで、この加配に関して来年度丁寧な議論をして欲しいこと、また、そもそも、少人数学級編成や子供の医療費負担軽減、放課後児童クラブの拡充については国がすべきことであり、地方は厳しい財政の中で、いかに人口減少を食い止めようかと少ない財源をやりくりしている。この現状を国に議会も取り組むが、県も国に訴えていくよう」要望しました。委員から出された要望を踏まえ、今回の案については全会一致で了とすることに決しました。

 

学校では様々な課題を抱え、先生方は苦労されています。この課題解決あたっては、決して学級担任一人に任せることなく学校がチームとして取り組ことや、保護者、地域の協力を得ながら、開かれた学校として取り組まれるよう、私もしっかりとこの問題に向き合っていきます。

| 角ともこ | - | - | - |
人生100年時代の老後

今、新型コロナウィルス感染症の影響から、予防対策として多くの会合が自粛されています。私も本日後援会総会を開催するにあたりずいぶん悩みましたが、マスクの用意と入り口におけるアルコール消毒、会途中の換気の実行などの予防対策をとって開催することとしました。参加予定されていた皆さんも体調に不安がある人など辞退された人もいましたが、実行いたしました。

 

総会では、私の県政報告にあたって、宮本恭子島根大学教授に「私の老後、家族の老後」と題して、基調講演をいただきました。人生100年時代になって、高齢者も一括りでは考えられない状況になっています。同じ80歳でも、元気に社会で活躍される人もいれば、体調が悪くなって入院生活を送る人、退院しても介護が必要になってデーサービスなど介護支援を受けている人など様々です。さらには、3世代同居で孫の世話をしている人、高齢者のみの世帯で老々介護状態になっている人、無職の子どもと一緒に年金で暮らす人など、家族形態も様々です。

 

そういったそれぞれ抱える課題が様々な中で、政策も一つではなく、それぞれにあったきめ細かな取り組みが求められているところです。そして、高齢者を支える働く世代の人口減少が進む中では、医療や介護、福祉などの人材確保もむつかしくなってきています。そうした高齢者と支える家族の課題を浮き彫りにし、みんなで考える会にしました。

 

一朝一夕に解決できる課題ではありませんが、みんなで課題認識し、解決に向かっていく動きを起こしていかなければなりません。決して他人事ではなく、今課題を抱えていない人も必ず訪れる課題です。今後も機会を作ってこの課題について、皆さんと考える場を作りたいと思います。

 

| 角ともこ | - | - | - |
子どもが主役の学校づくり

本日一般質問に立ちました。先日予告していた項目について質問しました。

 

質問項目は、1.在宅医療の充実に向けて 2.介護をめぐるワークライフバランスの取り組みについて 3.学校保健医の確保について 4.学校給食の公会計化について 5.子どもが主役の学校づくりについてです。

 

医師の偏在、診療科の都市部への偏在が大きい島根県にあって、中山間地域に住む人たちが安心して暮らすには、医療や介護の充実と連携による地域包括ケアの体制を作っていかなければなりません。開業医の高齢化により、後継者がいず診療所が閉鎖される状況も出てきていて、地域のお医者さんがいなくなり、ちょっとした病気でも遠くの病院まで出かけなくてはいけないことになってきています。

 

そんな中、町の病院の医師が診療所に出張して中山間地域の医療を確保しているのが島根県の現状です。昨年、厚生労働省から各県の公的病院の名前が挙げられて再編統合を示唆されましたが、実際はこうした病院がなくなればさらに医療過疎を促進していくことになります。公的病院が地域の診療所維持に取り組んでいただいている現状があります。地域医療の確保に公的病院はじめ地域の病院が関わり努力されている現状を報告され、県では医師確保に努め、総合医の要請に取り組みと言い切医療の維持に取り組まれているとの答弁がありました。

 

また、少人数学級編成の見直しで、昨年から議論となっていた学校の在り方について、議会でも様々な意見が出されていますが、私もドキュメンタリー映画「みんなの学校」で取り上げられた大阪市立大空小学校の当時の校長、木村泰子さんの著書を参考に質問に取り上げました。木村泰子さんは「今の学校の先生が正解を持ちすぎていて、親も子もその先生の正解に合わせないといけないと思っている。人が生きていくうえでの正解はないのに、大人が示す正解に子どもたちは合わせようとする。正解通りうまくいかなくてもこれが正解と先生も親も子も頑張っている。失敗したら違う方法を考えるなど、変えることが必要だが、それができなくなっているのが今の学校だ」と述べられています。

 

学校の先生方と話していると、先生に降りかかっているたくさんの正解にとらわれ過ぎているのではないかと思うところがありました。多忙感解消のための学校事務の軽減はもちろん、ソーシャルワーカーやカウンセラーなどの専門家、地域の人たちや親が学校と協力し合って開かれた学校づくりをしていくことも大事なことだと思います。教育長からは魅力ある学校づくりの取り組みの中で開かれた学校づくりをしていくとの答弁がありました。少人数楽興の見直しの中で、クラス編成人数は変更されますが、新たに学校の課題にあった加配を進める中で、子どもたちが主役の学校づくりにつながることを願っています。

| 角ともこ | - | - | - |